店舗管理強化(店長・スーパーバイザー育成) – フードビジネス人事労務総合研究所 【飲食業の相談窓口】 人材採用/定着支援・助成金申請代行・給与計算/保険手続事務

店舗管理強化(店長・スーパーバイザー育成)

  • HOME »
  • 店舗管理強化(店長・スーパーバイザー育成)

トップ用画像(店長スーパーバイザー育成)

■本当に会社を強くしたいのなら「人材育成」に徹してください

よく、以下のようなことをおっしゃられる経営者の方がいらっしゃいます

「良い人材は社内にはいない。外から採ってくるしかない」5d68bae0fc3bf0ee01ca55dda91feff0_s
「幹部候補生は「傭兵」で十分」
「どうせ、育成しても辞めていくだけだから、人材育成にお金は使わない」

申し上げにくいのですが、そういうことをおっしゃってこられた会社で
5年後に大成長をされたという会社を私は知りません。
(あれば逆にお教えください)

もちろん、外部人材の活用を否定しているわけではありません。
しかし、それは「内部人材にないものを社に取り入れたい」という、
明確な方針があってこそです。

その前に社内をじっくり眺めてみてください。
ほら、ダイヤモンドの原石がゴロゴロ転がっていますよ。

そのダイヤの原石こそが人材なのです。

「いや、うちの社員はダメですよ」

本当にそうでしょうか?
本当は磨くべき経営者の皆さん自身の目が曇っているからではないでしょうか?

その原石が光ってこない最低限の原因が社内にないかを一度、
以下のチェックリストで確認をしてみてください。

(チェックリスト)
人材教育チェックリスト
いかがでしょうか?

チェックが数個入っているようでは、
ダイヤの原石が磨かれる環境にはないと思われます。
(これらの部分に課題があるようでしたら、
人事制度の見直しなども併せて検討されるべきです)

そのうえで・・・
ダイヤの原石はダイヤモンドでしか磨けないのです。

経営幹部の皆さんがダイヤを磨く能力を備えていないと、原石は決して光を放ちません。
原石が光りだすことで、会社にとって人材が単なるコストから「財産」に変わっていきます。

人は能力を持っています。
その能力を引き出すことができる場所を与え、いくらかの「投資」をすると、その能力はどんどん引き出されてくるわけです。

その「投資」こそが「人材育成」です。
当所では、今いる社員の方の個性、持ち味を
十分引き出せる「人材育成」に取り組みます。

ご質問、ご相談はこちらからお気軽にお問い合わせくださいませ。お問い合わせアイコン

 

 

■事業の成長期には幹部育成、コア人材育成がキーになります!

皆様のビジネスは現在どのステージでしょうか?
成長期でしょうか?衰退期でしょうか?

このページをご覧の企業様や事業主様は
比較的ビジネスがうまくいっているのではないでしょうか?

今、うまくいっている時こそ、やるべきことがあります。
それは「急成長」「変革」に備える、ということです。55003dd5dbe4e46514ab93e0397b23b1_s

急成長、変革期に何が起きるのか?

・優秀な人材の不足
・お客様に対する考え方の浸透不足
・新たな戦略構築への挑戦とそれによる失敗 など

また、それに対応する時間が極端に不足することも発生いたします。

特に飲食業界においては、複数の店舗を経営するようになると、
店長に据える人材が不足することが考えられます。

さらに店長一人に任せられない場合、店舗数が拡大してきて、
より広いエリアでの管理が必要になった場合は、
複数の店舗を統括する責任者(SV スーパーバイザー)が必要になってきます。

しかし、SVを育てられない(育たない)という状況になってしまっては、
ますます経営者様の負担が大きくなってくる。というようなことが想定されます。

そうなる前に、様々なポジションを任せることができる
人材の育成を計画的に行う必要となります。


いわば、経営者としての教育、育成です。

ただ、店長(SV)教育に時間がとれない、どのように教育していいのか自信がない、などのお悩みがあるかと思います。

外部から登用する、という考え方もできますが、現在の採用環境では莫大なコストがかかってしまいます。

店長やSVの能力・適正により、お店の売り上げは大きく変化します。

社の理念、ビジョンを共有している社内メンバーに、
「経営」という専門職ができるように育てる
ことで、会社を強くする。

大変重要なことでありますし、他社との差別化を図りやすくもなります。

ポイントとなるのは

・能力があるかどうか?
・自分で手を挙げているかどうか?

この2点から社員を選抜して、育成してみてはいかがでしょうか?

育成について、どう戦略を立てればよいか・・・
お悩みの方はぜひ当所にご相談ください。

 

【当社のサービス内容(例)】

1.能力面からの選抜者選定サポート

2.能動的なメンバーの人選サポート

3.選抜教育プログラム作成

4.選抜教育研修実施

5.アセスメント(客観的評価)

6.ビジョン、理念の作成と選抜教育

余白

こんなお考えをお持ちの方は是非一度ご相談ください

  • 複数の店舗を経営している(または今後増やしていきたい)が、店長を教育する時間が取れない

  • 継続的に店長を教育し続けているが、中々結果が出てこない。どういう教育をすればいいのかわからない

  • 将来のSV候補と考えている店長がいるので、どのような教育をすればいいのか教えて欲しい

  • 業績不振の店舗があるので、店長を重点教育して立て直しを図りたい

お気軽にお問い合わせくださいませ。お問い合わせアイコン

ご訪問して状況をお伺いいたします。

 

 

◆飲食業向け階層別研修のご案内
(SV、店長、新入社員、サービス担当者など)

⇒SV・店長育成に関わらず、飲食業のすべての階層の社員の方に
受けて
いただけるカリキュラムを実施できます。IMG_20140813_191439

・接客サービス

・ホスピタリティ
・おもてなし
・女将育成


などについてもお任せください。

 

【当所行う研修の特徴】

 研修の進め方ですが、他社の研修のプログラムを見る中で
「講義」という文字が多数記載されているのを目にします。
しかし、講義を受けたら翌日以降職場に戻った時に行動は変容するのでしょうか?

私どもではその結論を「否」としております。

当所の研修では、講義による知識の習得ではなく、
研修全体を通じた「気づき」を重視しております。
つまり、講師が一方的に講義形式で語るのではなく、
それがなぜ必要なのか?を考える場面を多く設定するのが特徴です。

また、フレキシブル対応が可能であるため、
研修受講生の当日の態度や理解度に合わせ、
追加ミニ講義なども行うようにしており、お客様から大変好評です。

業界では、ORA(一般社団法人 大阪外食産業協会)の店長育成マネジメントコースを担当しており、毎年多くの卒業生を輩出するお手伝いをしています。

以下は、受講者の方のお声のほんの一部を抜粋しております。

904763_440983649326260_1147929762_o.jpg

(カリキュラム例)

以下のような対象者向けに研修を実施しております。
詳細ご希望の方には無料でお送り、お届けできます。
お問い合わせのページに「研修カリキュラム冊子希望」とお書きいただき、
「送信」ボタンを押してください。
お問い合わせアイコン

SV(スーパーバイザー向け) 計数管理(週次・月次業績)研修
マネジメントスキル向上研修
時間管理研修
論理的コミュニケーション研修
店長向け 新任店長向け研修
やわらか指導術研修
ビジネスコーチング研修
業績改善パワーアップ研修
OJTトレーナー研修
一般社員向け 新入社員研修
報・連・相力強化研修
その他 労務管理研修
クレーム対応力強化研修
コンプライアンス研修
セクハラ・パワハラ防止研修

お問い合わせ受付中! TEL 06-7162-7594 電話受付時間 10:00~17:00

弊所顧問          「澤 登」先生のご紹介

トップ用画像(プライバシー)
NHK総合テレビバラエティー生活笑百科(毎週土曜お昼放送)にご出演されている、
澤 登(さわのぼる)先生に、
この度、弊所の顧問をお願いすることになりました。
法務面でますます手厚くサポートが可能となった弊所に、今後もご期待ください。
SRP2認証マーク

主な業務対応地域

全国(北海道から沖縄まで)

関西地区(兵庫・大阪・京都

奈良・和歌山・滋賀)以外は

初回訪問時から交通費を頂戴

いたします。

PAGETOP