社内の活性化(人事制度・教育制度の改革) – フードビジネス人事労務総合研究所 【飲食業の相談窓口】 人材採用/定着支援・助成金申請代行・給与計算/保険手続事務

社内の活性化(人事制度・教育制度の改革)

  • HOME »
  • 社内の活性化(人事制度・教育制度の改革)

トップ用画像(社内の活性化)

■社員が100%の能力を発揮できるフィールド。
 それがあれば、まわり回って業績にも結び付いていきます。

 

「人事制度を構築すべきです」

こういう表現の仕方をすると、「それで何がよくなるのか?」
と疑問を呈される方が多くいらっしゃいます。
疑問を持たれるのも無理はありません。
確かに、良い人事制度があるからと言って、会社が良くなる、
というのはまやかし
でしかありません。

また、「人事制度」というのはあくまで「手段」であり、「目的」にはなり得ません。
それを、さも「人事制度さえ変えてしまえば、すべてがうまくいく」ということを言う人がいますが、それは言いすぎです。

それでは、なぜ、このホームページの中で「人事制度」を取り上げるのか?

それは「悪い人事制度のまま経営が行なわれると、事業の成長に支障が出ると考えるから」です。

----------------------------

「悪い人事制度」5つの定義 

当所ではこう定義づけています。

① 信賞必罰になっていない

② 能動的に動いて失敗した人間を評価しない

③ 人の巻き込み(教育、訓練、指示、指導、フォロー、コーチなど)を評価しない

④ ルールに触れることでも、結果を出せばOKという制度になっている
⇒別の言い方をすれば「結果だけで評価している」

⑤ 仕事の向き不向きを職場配置に反映できる仕組みがない

----------------------------

一つでも思い当たるフシがあれば、
それは社員が100%の能力を発揮していない可能性が高いです。
そして、その状況では、事業の中期的発展が危うくなります。

では、どうしていけばいいのか?
当所にお任せください。

 

(当所の人事制度設計のこだわり)

1.貴社の社員様と一緒に作成

  • 人事制度を設計するに当たり、経営者様+貴社の社員3名~5名様をプロジェクトチーム化し、一緒に考え、一緒に作り上げていきます。これにより、人事の根幹をなす制度の主旨、考え方までが組織の中に深く浸透していき、情熱、意欲を発揮しやすい組織風土が形成されやすくなります。

2.長く使える制度づくり

  • 通常、人事制度には「使用期限」があるとされ、3年に1回は作り替えが必要だと一般の人事コンサルティング会社は説明してきます。しかし、それはまやかしです。プロジェクトで一緒に制度を作成したメンバーが社内にいれば、制度根幹の考え方が理解できているため、修正も容易に行えます。従って、5年、10年と使用しても何ら問題なく運用し続けることができる制度になります。

3.教育研修もセットされており、成果の実現にフォーカス

  • 制度を効果的に使用するためには、組織の中間管理職者がその運用方法について正しく理解し、その理解に沿った活用を行うことが大切となります。当所の制度設計は教育研修(マネジメント、評価者トレーニング)もセットになっており、人のマネジメントスキルを組織全体で高めながら、運用を的確に行えるようにしていきます。

4.就業規則の改正など規程改定もセット

  • 制度の表面だけを変えても、規程などが連動していなければ、使い物にはなりません。当所の制度設計では、就業規則を含めた規程類のチェック、見直し、労基署への提出代行も併せて行います。これにより制度の運用開始に手間がかからず、総合的に進めやすくなります。

5.説明会など必要でしたら、フォローも実施

  • 制度は変えてみたいが、社員への説明が心配・・・。そういう場合もご安心ください。当所の所長、敏腕コンサルタントなどが立ち合い、フォローを行いますので、説明が難しい場合はお任せいただければ、説明、補足など随時実施していきます。

(人事制度設計のプロセス

無題

お問い合わせアイコン

 

 

■人事制度に合せた、教育体系づくりのお手伝い

人事制度はあるが、人がなかなか成長しない。

こういう会社様に必要なのは「教育制度」です。

通常、人事制度というとba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

  • 賃金制度
  • 評価制度
  • 等級制度 

の3つのことを指すことが多いですが、弊社では、ここに

  • 教育制度

を加えることをご提案しています。

評価を獲得したいが、その評価を獲得するためにすべきことが何なのか?分かっていない社員の方も多くいるのが実態ではないでしょうか?

当所では、すべきことを習得するために必要なことを理解し、
その習得を社員自らが手を挙げて取り組めるようにするための
教育制度こそが企業成長のカギである、とも解説いたしております。

 

詳細についてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせアイコン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ受付中! TEL 06-7162-7594 電話受付時間 10:00~17:00

弊所顧問          「澤 登」先生のご紹介

トップ用画像(プライバシー)
NHK総合テレビバラエティー生活笑百科(毎週土曜お昼放送)にご出演されている、
澤 登(さわのぼる)先生に、
この度、弊所の顧問をお願いすることになりました。
法務面でますます手厚くサポートが可能となった弊所に、今後もご期待ください。
SRP2認証マーク

主な業務対応地域

全国(北海道から沖縄まで)

関西地区(兵庫・大阪・京都

奈良・和歌山・滋賀)以外は

初回訪問時から交通費を頂戴

いたします。

PAGETOP